映画にはまって数年、心動かされた&萌えた映画を紹介します。映画館での鑑賞記録、特選DVD評、映画関連物他、いろいろ増える予定。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/16  ソーシャル・ネットワーク
2011年04月30日 (土) | 編集 |
●ソーシャル・ネットワーク  @Tジョイ京都
監督:デビッド・フィンチャー
出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド

ハーバード大学の学生 マーク・"ザック"・ザッカーバーグは、恋人に振られた腹いせに、大学のコンピューターをハッキングし、ハーバードの女子学生全員の顔を並べて、どちらが可愛いか格付けさせるサイトを作る。

4時間後にサーバの管理者に潰されるまで、学生たちに大人気だった。
数日後、理事会から半年の保護観察処分を受け、女子学生全員を敵に回した。

ザックは、フラタニティに所属するウィンクルボス兄弟から、ハーバード専用の出会い系コミュニティサイトの作成を依頼され、それをヒントに、ソーシャルネットワーキング・サービスの製作をする。

友人のエドゥアルドの融資と、大学での人脈を利用し、ザックは「ザ・フェイスブック」を完成させた。
「ザ・フェイスブック」はたちまち学内で有名になった。
もっと会社を大きくするため、ザックはネットワークを学外に広げる。
さらに、ファイル共有ソフト:ナップスターの開発者ショーン・パーカーが共同経営者となり、
会社の名前もザをとって、「フェイスブック」とした。

順風万班だったザックだったが、アイデアを登用されたウィンクルボス兄弟に訴えられ、パーカーが経営に加わってから仲間はずれにされたエドゥアルドとの間に亀裂が走る。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 実在のフェイスブック製作者:マーク・ザッカーバーグを題材にしたフィクション。

この映画でのザックは、天才だが、人の気持ちをくみ取る能力が欠如した人間として描かれている。
実際にはフェイスブック設立以前から付き合う恋人がいて、他人とは気さくに接するザッカーバーグとは違う人物に描かれたのはなぜだろうか?

フェイスブックは、自分の写真やプロフィールや興味のあることを、全世界にアピールし、友達を作るサイトだ。
ザックがフェイスブックを作ったのは、オタクな自分を見下す世間を見返すためだったが、本当は自分を承認してほしかっただけじゃなかったのか?
ザックの孤独は、現代の人間と同じだ。

だが、フィンチャーは安易なインターネット批判として描いていない。
孤独を知ったザックは、自分の作ったフェイスブックで、改めて人と繋がろうとする。
旧世代とは違った形だが、これは青春物語だ。
テーマ:アカデミー賞/映画賞関連
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/10/30(Thu) 11:26 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/30(Sat) 19:59 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/24(Sun) 17:00 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/21(Thu) 02:48 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/29(Tue) 08:13 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/07/02(Tue) 18:10 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/25(Fri) 15:26 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/11/22(Thu) 04:30 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。