映画にはまって数年、心動かされた&萌えた映画を紹介します。映画館での鑑賞記録、特選DVD評、映画関連物他、いろいろ増える予定。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3D映画ってどうなんだろ?
2010年02月13日 (土) | 編集 |
去年、「カールじいさんの空飛ぶ家」と「アバター」の3D映画を新宿ピカデリーで観た。

映画館の入り口で渡された3D眼鏡は、昔みたいに左右に赤と青のセロハンを張り付けた紙のやつでなく、偏光レンズをはめたゴーグルだった。それを普段している眼鏡の上からかけた。

結構重くて、眼鏡の真ん中にゴーグルがゴツゴツ当たっていて、見ている間やや気が散った。
もうちょっと軽量化してほしい。

3D映像を観た感じはというと、
「カールじいさん」では、遠景にいる人物が目の前を歩いている小人さんに見えたり、風船をくくりつけた家が小さく見えて迫力にかけた。
「アバター」は、人物も異世界もリアルで、物語世界に速攻で入り込めた。

二つとも画面が小さいのが残念だった。大きい画面で立体的に観たい。


3Dはこれからどんどん出てくるようだけど、映画として見れるジャンルは限られるだろう。
観客に体感させるようなアクション映画や、ディープ・ブルーみたいに映像美を売りにしたドキュメンタリー映画を3Dで観たら面白いと思うけど、心理戦を主題にしたサスペンス映画や、人物の動きの少ない文芸映画を3Dで観ても面白くないと思う。

でも白黒映画からカラー映画に変わった時や、人物が喋らないサイレント映画からトーキー映画に変わった時も、「どうせ一部のジャンルしか流行んねえだろ」と言われてたかもしれない。
15年後には、映画やテレビは全部3Dで、人物の心の動きを体感する3Dサスペンス映画みたいのが出てくる可能性だってある。

個人的に3Dで観たいのは、
デビッド・リンチの映画全部
ディープ・ブルーなどの自然ドキュメンタリー
マトリックス
ダークナイト
2001年宇宙の旅
で、
観たくないのは、
・アニメ
・ホラー
・クソおもしろくないコメディ
だ。

料金は2000円で割引なしという厳しい状況なので、今のところは、3Dで観たら面白いんだろうなと思える映画を選んで観たほうがいいみたいです。

よかったらこちらをぽちっと。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
テーマ:3D映画!!
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
つーか、怖いのが3Dで増幅されるのが怖いんです(笑)

2010/02/27(Sat) 19:47 | URL  | まこと(仮名) #-[ 編集]
脚本がしっかりしている作品は普通の映像で見たい気がします・・・。

ホラーは3Dだと怖さが増しそうでいいかと思いますが、駄目ですか?
2010/02/27(Sat) 18:32 | URL  | すめらぎ葵 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。