映画にはまって数年、心動かされた&萌えた映画を紹介します。映画館での鑑賞記録、特選DVD評、映画関連物他、いろいろ増える予定。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/3/7 ハート・ロッカー、プリンセスと魔法のキス、しあわせの隠れ場所
2010年03月13日 (土) | 編集 |
ハート・ロッカー
原題:Hurt Locker(アメリカ英語の俗語で、痛みを閉じ込めた箱、棺桶)
映画館:新宿武蔵野館

2004年イラク。在留するアメリカ軍には、テロリストの仕掛ける爆弾を処理するためだけに設置された部隊があった。その中の1つ:ブラボー中隊に、876個の爆弾を処理してきたジェームズ二等軍曹が派遣されてきた。車の中に複雑に仕掛けられた爆弾、人間の死体に埋め込まれた爆弾、一つのワイヤーに放射状に繋がれた爆弾を、ジェームズは命令を無視しした自分のやり方で解除してゆく。
部隊の仲間は最初、独善的な行動を繰り返す彼に反発するが、生死を共にするうちに互いを認め合う。

爆発すれば、防護服ごと木端微塵になる恐怖にさらされながらも、ジェームズは生きがいをそこにだけ見出していた。

国にいる妻や子供よりも。


前半はいつ爆発するかと、耳の下を押えながら見ていたが、後半から終わりまでは重々しい気分になった。

ジェームズは、人々を爆弾で死なせたくないという正義感でこの仕事に就き、誇りを持っているが、同時に生死と隣り合わせの危機に快楽をおぼえ、それなしでは生きられない自分に気付いているのだろう。

「なぜ人類は戦争をやめられないか」
「なぜアメリカは他国の問題に首を突っ込んで嫌われてまで、戦いを仕掛けるのをやめられないのか」
という問いに対し、監督のキャスリン・ビグローは
「戦争に対して強迫観念的に依存しているから」という答えを出した。

だからこの映画を、戦争プロバガンダというのは大きな間違いだ。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 [続きを読む...]
スポンサーサイト
テーマ:ハート・ロッカー
ジャンル:映画
第82回アカデミー賞受賞作品
2010年03月13日 (土) | 編集 |

祝!ハート・ロッカー作品賞 &キャスリン・ビグロー監督賞受賞!!

この映画は先週見ましたのが、感想はtwitterでつぶやきまくりました。ちゃんとまとめたのは後で書きます。
散々騒いでいたアバターはたった3冠で、しかも映像部門だけ。ま、妥当でしょう。

授賞式はNHK BS2で、20日21時から(BS hiでは21日23時30分から)放映されるそうです。お楽しみに。
結果はこちら。

◆作品賞
『ハート・ロッカー』
:2004年の戦火のイラクにて、爆弾処理を専門とする部隊の、生死と隣り合わせのサバイバル。
◆監督賞
キャスリン・ビグロー監督『ハート・ロッカー』

◆主演男優賞
ジェフ・ブリッジス『Crazy Heart』(原題)
:アル中のカントリー歌手の再生の物語。ブリッジスはカントリー歌手。

◆主演女優賞
サンドラ・ブロック『しあわせの隠れ場所』
:知的障害のホームレスの黒人の少年を、白人の裕福な一家が引き取って育てる。実在のNFLの選手マイケル・オアーの半生。

◆助演男優賞
クリストフ・ヴァルツ『イングロリアス・バスターズ』

◆助演女優賞
モニーク『プレシャス』
:貧しい家庭に生まれ、養父の性的虐待と、実母の虐待を受ける黒人の少女の物語。モニークは少女の母親を演じた。

◆長編アニメ賞
『カールじいさんの空飛ぶ家』

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 [続きを読む...]
テーマ:第82回アカデミー賞
ジャンル:映画
アカデミー賞がもうすぐ発表!
2010年03月03日 (水) | 編集 |
今年のアカデミー賞は作品賞ノミネートが10本も。なんで作品賞だけ?
ノミネート一覧は下記。赤字は、つく範囲でつけた予想。

作品賞[Best Picture]
●Avatar/アバター
●The Blind Side/しあわせの隠れ場所
●District 9/第9地区
●An Education/17歳の肖像
●The Hurt Locker/ハート・ロッカー
●Inglourious Basterds/イングロリアス・バスターズ
●Precious/プレシャス
●A Serious Man/ア・シリアス・マン(原題)
●Up/カールじいさんの空飛ぶ家
●Up in the Air/マイレージ、マイライフ

監督賞[Directing]
●ジェームズ・キャメロン『Avatar/アバター』
●キャスリン・ビグロー『The Hurt Locker/ハート・ロッカー』
●クエンティン・タランティーノ『Inglourious Basterds/イングロリアス・バスターズ』
●リー・ダニエルズ『Precious/プレシャス』
●ジェイソン・ライトマン『Up In The Air/マイレージ、マイライフ』

主演男優賞[Actor in a leading role]
●ジェフ・ブリッジス『Crazy Heart/クレイジー・ハート(原題)』
●ジョージ・クルーニー『Up In The Air/マイレージ、マイライフ』
●コリン・ファース『A Single Man/シングル・マン(原題)』
●モーガン・フリーマン『Invictus/インビクタス/負けざる者たち』
●ジェレミー・レナー『The Hurt Locker/ハート・ロッカー』


 主演女優賞[Actress in a leading role]
●サンドラ・ブロック『The Blind Side/しあわせの隠れ場所』
●ヘレン・ミレン『The Last Station/ザ・ラスト・ステーション(原題)』
●キャリー・マリガン『An Education/17歳の肖像』
●ガボレイ・シディベ『Precious/プレシャス』
●メリル・ストリープ『Julie & Julia/ジュリー&ジュリア』

助演男優賞[Actor in a supporting role]
●クリストフ・ヴァルツ『Inglourious Basterds/イングロリアス・バスターズ』 ●マット・デイモン『Invictus/インビクタス/負けざる者たち』
●ウディ・ハレルソン『The Messenger/ザ・メッセンジャー(原題)』
●クリストファー・プラマー『The Last Station/ザ・ラスト・ステーション(原題)』
●スタンリー・トゥッチ『The Lovely Bones/ラブリーボーン』

 助演女優賞[Actress in a supporting role]
●ペネロペ・クルス『Nine/NINE/ナイン』
●ヴェラ・ファーミガ『Up In The Air/マイレージ、マイライフ』
●マギー・ギレンホール『Crazy Heart/クレイジー・ハート(原題)』
●アナ・ケンドリック『Up In The Air/マイレージ、マイライフ』
●モニーク『Precious/プレシャス』

長編アニメ賞[Animated Feature Film]
●Up/カールじいさんの空飛ぶ家
●Coraline/コララインとボタンの魔女 3D
●Fantastic Mr. Fox
●The Princess and the Frog/プリンセスと魔法のキス
●The Secret of Kells/ブレンダンとケルズの秘密

 外国語映画賞[Foreign Language Film]
●Ajami(イスラエル
●The Milk of Sorrow(ペルー)
●Un Prophete(仏)
●El Secreto de Sus Ojos/瞳の奥の秘密(アルゼンチン)
●The White Ribbon/白いリボン(独)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 [続きを読む...]
テーマ:第82回アカデミー賞
ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。