映画にはまって数年、心動かされた&萌えた映画を紹介します。映画館での鑑賞記録、特選DVD評、映画関連物他、いろいろ増える予定。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年5月25日 「ナルニア国物語 カスピアン王子の角笛」 「ランボー最後の戦い」 「アフタースクール」
2008年05月26日 (月) | 編集 |
6月初めから働き始めたのと、それに伴う精神的な不調で、更新を滞らせてしまいました。すんません。一気に挙げます。

「アフタースクール」
「運命じゃない人」の監督なので、期待して見た。期待通りでした。

母校の中学で教師をやっている男は、近所に住む元同級生の妊娠中の妻の面倒を見ている。エリートサラリーマンの同級生は、数日前から家を空けていて、妻が出産しても姿を現さない。
そんなある日、元同級生を名乗るもう一人の男が現れる。男は探偵で、サラリーマンの友人はヤクザの組長の愛人とつき合っていて、組長に見つからないように逃げ回っていると言う。

世間知らずでお人よしな教師と、世間を知りすぎてスレた性格の探偵と、外面はいいけど裏のあるサラリーマンの三つ巴サスペンス。と思ったら、見事に引っかかります。楽しみにして、映画館へ行ってください。
前作「運命じゃない人」みたいに、世間知らずと世間ズレの二人が、金と女とヤクザにまみれた世界で翻弄されるところは同じ。姉妹編とも言える。でも「運命じゃない人」よりも、より一歩先で、理想主義を肯定している。

脚本がしっかりしているから、ハリウッドでリメイクしてくんないだろうか。お人よし教師:大泉洋の役は、マシ・オカがいいな。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 [続きを読む...]
スポンサーサイト
テーマ:アフタースクール
ジャンル:映画
2008年5月18日 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」「パラノイド・パーク」
2008年05月21日 (水) | 編集 |
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」
1980年の冷戦時のアメリカ。女と酒が好きな国会議員のチャーリー・ウィルソンは、キリスト教右派の愛人から、ソ連に侵攻されているアフガニスタンを救うために、武器を横流ししてくれと頼まれる。
ウィルソンが人脈を使って、あちこちに軍事費の捻出を嘆願したおかげで、新しい武器を大量に手に入れたアフガニスタンはソ連を撃退できた。

このウィルソンが援助したアフガニスタンの民兵組織ムジャヒディンは、後にアメリカを攻撃するテロリストとなった。

いったいどこで間違ったの?とウィルソンを含めた援助に賛成した人々は頭を抱えているだろう。唯一援助に懐疑的だったCIAの工作員はこう思ってたかもしれない。世間知らずのオバハンの口車に乗って、後先考えないで、安易な軍事介入をしたからだろ?と。

ここのブログによるとふざけたブラック・コメディらしいが、同時にお気楽な議員の悲劇でもあると思う。自分が援助を募った議員たちは、にっくきソ連をやっつけることしか考えておらず、ソ連撤退後のアフガンに学校を建てるなどのケアには興味も示さない。自分が信じていた善意や正義なんて無意味だと思い知らされ、さらにそれが悪と成してしまった。

チャーリー・ウィルソン本人は、自分のやったことを後悔し、イラク戦争に反対しているという。

当時のアメリカが、ソ連に対する抵抗勢力としてどれくらいアフガニスタンをおだてていたかは、80年代のハリウッド映画「ランボー3・怒りのアフガン」と「007 リビング・デイライツ」を観るとわかります。

予告編見たときは、なんでトム・ハンクスが酒とおっぱいが好きなスケベ親父やってんの?と思ったが、ラストの困ったような悲しそうな笑顔を見て、納得した。正義を疑わない、世間ズレしていない男が、世間に打ちのめされたからだ。
ジュリア・ロバーツは、いくら金持ちそうに見せても、安っぽい田舎の奥さんという感じがよく合ってた。CIA捜査官演じたフィリップ・シーモア・ホフマンが一番いいキャラだった。上の二人と対照的に、世界情勢のヤバさを嫌というほど知り尽くしているゆえに、善意による安易な行動に反対している。

「カポーティー」の裏声とは裏腹に、渋い低音で大人の男を演じちゃってるよ!有名になっても、「ハピネス」みたいなイタ電ハアハア男や、「フローレス」のドラッグ・クイーンみたいなキャラを演じてほしいな。くれぐれも、勘違いしてカッコいい役ばっかやるのはやめてね。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 [続きを読む...]
2008年5月11日「最高の人生の見つけ方」「ハンティング・パーティ」「ミスト」
2008年05月12日 (月) | 編集 |
「ミスト」
アメリカの田舎町に、突然濃い霧が発生した。霧の中からは大きな触手が伸びてきて、人間をさらって食い尽くす。スーパーに閉じ込められた買い物客は、得体の知れない恐怖に怯えてパニックを起こしたり、狂信者に煽られたり、殺しあったりする。

原作はスティーブン・キングの「骸骨添乗員」に収録されている「霧」。「この映画のラスト15分をネタバレしたら絞首刑」とキングは言った。原作も救いがない結末だったけど、映画はそれをはるかに超えている。

人を恐怖で煽る宗教狂いのオバハン(とそのシンパ)も怖いけど、最も理性的でヒーロータイプの主人公も、同じ状況下では、誤った行動をしてしまう。そういうところが観客を他人事にさせずに、徹底的に打ちのめす。

「神は(世の摂理は)残酷だ」というスティーブン・キングの小説の一貫したテーマを、この監督は理解したんだと思う。(感動作「グリーンマイル」も、実は不条理に能力を与えられた人間の悲劇だ)

ところで「ミスト」のお化けは怖いというよりは、気持ち悪い。CGだから余計に可愛さ激減。もうちょっと味わい深いデザインにしてくんないだろうか。「トレマーズ」シリーズのお化けミミズとオナラで飛ぶ虫みたいに。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 [続きを読む...]
テーマ:ミスト
ジャンル:映画
2008年5月4日「さよなら、いつかわかること」「少林少女」「NEXT」
2008年05月07日 (水) | 編集 |
「さよなら、いつかわかること」
戦争にいった妻の死を聞いた男が、娘に話せず、ずるずる先延ばしにする。父親の意味不明行動に振り回されることに不安を覚える長女は、何かあると察するが、父親が怖くて可哀想なので、何も聞けない。

母親が死んだことは娘たちにとって大事なことなのに知らせず、車でつれまわして遊園地なんてありえない。娘たちを癒すのなら、先に知らせてからにすべきでしょ?自分がいえないなら、奥さんの親とかに頼めばいいんだし。(向こうだって、娘が死んでショックを受けているはずなのに、なぜ挨拶に行かない?)
母親の死を言えなかったのは、娘を傷つけたくないからじゃなくて、自分が傷つきたくないからだ。でもあの男は一生気づかないだろうね。反戦派の弟や長女が自分を気遣っていることにも気づいてないし。

映画監督は、賛成派にも反対派にも作られた映画だといっているが、「僕たちは間違った戦争でも正しいって信じないと頭おかしくなるんだよう。だから真実を見ないで、人の親切突っ返して弟や娘に迷惑かけても許してね」という甘えにしか見えない。だったら、自分の仲間内だけで上映しろ。

こんな映画より、「ハロルド&クマー グアンタナモからの脱出」を輸入してくれ。>日本の映画会社

少林少女
幼い頃に少林寺に修行に行ってきた少女が、少林寺拳法を日本に広めるために帰国した。だが、祖父の道場は潰れていて、かつての師匠は少林寺を捨てていた。そこで、名門高校のラクロスチームに入り、そこで少林寺拳法の技を融合させて、「少林ラクロス」を広めることにした。
ありえねー技術でチームは伸びていくが、同時に力を狙う魔の手が迫っていた。

柴咲コウの中国語も少林寺拳法も上手かったし、ノリノリで面白かった。ナイナイの岡本のマーシャルアーツは見もの。「少林サッカー」の6人兄弟の2人がゲスト出演して、おバカを繰り広げていたのがうれしかった。「サッカーばっかやってて飽きたヨー」とか。デブちんは相変わらず生卵フェチだし。

でも「少林サッカー」や「カンフー・ハッスル」の突き抜けたバカバカしさには及ばないな。やるなら徹底的にやらないと。

NEXT
2分先だけの未来を見ることができる、すごいのかすごくないのか微妙な超能力を持った男が、核爆発を止めさせる目的でFBIに拉致されそうになって逃げ回るが、運命の女に出会ってから、核爆発を見つける運命から逃れられなくなる。

?主人公はタフで、誰にも頼らない(誰も信じない)男で、
?自分を狙う組織から逃れ、
?美女と出会って即効でセックスし(この間24時間)
?愛する彼女(笑)が危ない目にあって、ようやく立ち上がる。
というハリウッドアクション大作のパターンを踏みながら、最後でちゃぶ台をひっくり返したような結末。

最後のオチに「えー?これだけ?」って言う人はたぶん多い。普通のアクション映画を期待するとそうなる。でも本当は、「一人で突っ走ってドッカンバッキンするようなやり方では、物事は解決しませんよ。気に入らない相手とでも協力しないといけませんよ」というメッセージだ。
B級アクション映画は保守的に見えて、時代の流れを読んでいるのかもしれない。

原作は「マイノリティ・リポート」と同じフィリップ・K・ディックの小説だけど、このニコラス・ケイジの能力と「マイノリ」のプリコグの能力ってどっちが使えるんだろう?


「ミラクル7号」の公開が待ちきれねえ。

よかったら、こちらをぽちっと。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
くつ下人形劇場 「つぐない」「ノーカントリー」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」
2008年05月02日 (金) | 編集 |
アカデミー賞ノミネート作品郡を、くつ下で再現。くつ下パクパクなのに、似ていると思うのはなぜ。
作ったのはアメリカ在住のSockTubePresents。たぶん素人さん。

 「つぐない」



 「ノーカントリー」



 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」



その他の作品はこちらから。
http://www.youtube.com/user/SockTubePresents


よかったら、こちらをぽちっと。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
テーマ:Youtube動画
ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。