映画にはまって数年、心動かされた&萌えた映画を紹介します。映画館での鑑賞記録、特選DVD評、映画関連物他、いろいろ増える予定。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年度 ベスト10ムービー
2007年12月31日 (月) | 編集 |
もうすぐ2007年が終わるので、今年見た映画で、もっとも面白かった10本をあげて見ます。

「バベル」
今年の最高傑作。虚構ばかり流すメディア社会において、今生きている世界を感じさせる映画

「めがね」
一番の美点は、食べ物をおいしそうに撮ったこと。シャケと玉子焼きが食べたい。

「サンジャックへの道」
すばらしい理念や宗教に頼らなくても、人生を変えることはできる。

「トランスフォーマー」キャラの作り方と掛け合いが最高ポイント。

「デスプルーフ」
血沸き肉踊るガールズ・ムービー。「男の視点でしか書けないヤツは脚本家失格」と監督タランティーノは言った。(パンフレット参照のこと)

「グラインドハウス」
血まみれ注意!でもこれだってガールズ・ムービーなのよ。

「不都合な真実」
ビデオで鑑賞。環境保護のドキュメンタリーをわかりやすく面白く作れるのはすごいと思う。

「ボルベール(帰郷)」
真実を暴いて闘うだけがすべてではない。秘密を共有しながら、労わり合う方法もある。

「ボラット」
アメリカの正義と強さに、膝かっくんを食らわせた名作。

「シッコ」
「助け合いは民主主義の基本」という言葉に激しく同意。

「パリ、ジュテーム」
パリのあちこちに散らばる日常のつぎはぎ。綺麗なだけじゃないけど、世界はすばらしい。

この10本を挙げるのに時間がかかってしまった。振り返って自己分析してみると、失敗しないように安全パイな映画を選んでいたように思える。
来年は失敗を恐れずに、もっと積極的に映画を観てみようと思います。


2008年度楽しみな映画

「ペルセポリス」
パンクとブルース・リーが大好きなイラン人少女の青春一代記。

「エイリアンズvsプレデター」
「パパー、お化けがいるよー」
「そんなのいるわけないじゃないかー」
って窓の外を見たらエイリアンって嫌ですね。

「アース」
CMの色鮮やかな海と空の映像で、観たくなった。BBC製作のドキュメンタリーです。

「アメリカン・ギャングスター」
ラッセル・クロウとデンゼル・ワシントンのガチンコ対決!萌え。

「ジェシー・ジェームズの暗殺」
ブラッド・ピットの西部劇。これも萌え。

ブログを読んでくださったみなさん、今年はありがとうございました。
来年もかっ飛ばしますが、よろしくお願いします。

みなさん、よいお年を。

コメント&トラックバック&RSS大歓迎!

よかったら、こちらをぽちっと。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2007年12月23日 「チャプター27」「ひつじのショーン」(A+Bパート)「やわらかな手」
2007年12月26日 (水) | 編集 |
「チャプター27」
ジョン・レノンを殺害したデビッド・チャップマンの、犯行までの数日間を描いたもの。
タイトルの「27章」とは、チャップマンが愛読していた「ライ麦畑でつかまえて」の、最終章の26章より後、つまり小説の主人公ホールデンの行く末という意味だ。

「ライ麦」のホールデンのように、社会に生きることへの不安と絶望を感じているチャップマンにとって、ジョン・レノンは神のような存在だった。だけど、雑誌のインタビュー記事を読んで、自分の期待する姿との落差を感じ、崇拝から憎しみへと変わってしまう。

この男は哀れだけど、馬鹿だと思う。理想ばかり追わなくても、期待はずれな人生でも淡々と生きることはできるからだ。でもこういうことは、ある程度年月を重ねて生きないとわからない。(わからないヤツもいるけど)オレも中高生のころはこんなんだったからねえ。

チャップマンは、52歳で今でも刑務所にいるという。大嫌いな社会から隔絶されたのだから、幸せなのかもしれない。もし、目前に会う機会があったら、悲劇に見舞われながら淡々と生きる一家を描いた「ホテル・ニューハンプシャー」を勧めたいね。
日本にいるチャップマン候補生や酒鬼薔薇候補生にも。

チャップマンを演じたジャレッド・レトは、劇中では色白デブのキモヲタ青年だが、元はつぶらな瞳の愛らしいタヌキ顔の美青年だ。ベジタリアンなのに、30kg増量した方法は秘密だそうだ。「ロンリーハート」もそうだけど、いったいどういう方向に走っているのか謎だ。演技は上手かったけど。ぼそぼそしゃべるしぐさとか、友達作ろうにもイタイ言動と行動で避けられてしまうところとか。

キモイはずなのに、どてっ腹とむっちり太ももを丸出しにしたブリーフ姿がエロかった。デブ専の男女にはたまらんでしょう。

リンジー・ローハン?スキャンダルなんて起こさなくても、こんな風に、まっとうに女優仕事してりゃ、それなりに人気がでるのにね。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 [続きを読む...]
うさちゃん30秒劇場 「スパイダーマン3」 &メリークリスマス!
2007年12月19日 (水) | 編集 |
http://link.brightcove.com/services/link/bcpid1138237030/
bclid1137834943/bctid1334432238


今年最後のうさちゃん30秒劇場は、「スパイダーマン3」。ベノムまでウサ耳。よく聴いてみると、spider manが、spider bun(bunny=うさちゃんの略)となっています。

2008年の新春第一弾は、「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」。お楽しみに。

もう一つニュース。うさちゃん30秒劇場の公式サイトAngry Alien Productionで、うさちゃんのクリスマスグッズが売られています。クリスマスキャロルを歌ううさちゃんや、愛らしく着崩したサンタコスプレのうさちゃんをデザインした、マグカップやトートバッグ、ギフトカードが揃っています。
クレジットカードで購入できるので、興味のある方はこちらのページへどうぞ。

うさちゃん30秒劇場は、リクエストを随時受けつけているそうです。2008年度の演目は「パイレーツ3」以外はまだ決まっていないようなので、思い切ってメールしてみてはいかがでしょうか?(翻訳サイトもあることですし)
リクエスト・コーナーには、「セーラームーン」や「ゴジラVSモスラ」や「用心棒」などが載っていました。


コメント&トラックバック&RSS大歓迎!

よかったら、こちらをぽちっと。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
テーマ:映画関連ネタ
ジャンル:映画
2007年12月17日 「アイ・アム・レジェンド」観てきたです。
2007年12月18日 (火) | 編集 |
人類のために発明したウイルスの突然変異により、人類の大半が死滅し、生き残った者は化け物と化した。感染源であるニューヨークで、たった一人で生き残った科学者のネビルは、夜だけ活動する化け物の襲来を避けながら、ワクチンの開発を続けていく。

 前半は、無人の街を行くウィル・スミスと犬一匹しか出てこないので、観ているとびっくりするかもしれない。いっいこれ何の映画?って。舞台が廃墟のニューヨークに限定されていて、登場人物がウィル・スミスを含む数名しかでてこないので、密室劇を見ているようだった。
普通に観れば、普通に面白い映画。でも、素直に褒めないのには理由がある。

理由
?プロットも設定も「28日後・・・」そっくり。

?しかも世界が滅んだ後の虚無感や、主人公の過去と現在の落差に悩む様子や絶望感が「28日後・・・」には到底及ばない。

?元ネタの「地球最後の男」(1964年オリジナル)「地球最後の男オメガマン」(1971年版リメイク、チャールトン・ヘストン主演)のあらすじを知っているから。
?元ネタのテーマ「価値観の逆転」がまったく生かされていない。

?だから、タイトルの「I am legend」っつーのは英雄って意味じゃないんだって!

この映画をこれから観る方は、けっして「地球最後の男」と「地球最後の男オメガマン」を先に観ないでください。原作の「地球最後の男」(「アイ・アム・レジェンド」として再販されています)も先に読まないでください。たぶん、がっかりしますから。

これ観た帰りに新宿TSUTAYAに行ったら、「地球最後の男」も「オメガマン」も置いてなかった。許すまじ。
もう一度探したり、リクエストしたりなどで、観てみる予定。オリジナル版やヘストン版を観たことある人は、もしよかったら見比べた感想をお願いします。

コメント&トラックバック&RSS大歓迎!

よかったら、こちらをぽちっと。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
テーマ:アイ・アム・レジェンド
ジャンル:映画
2007年12月9日 「エンジェル」 「ここに幸あり」
2007年12月13日 (木) | 編集 |
「エンジェル」
19世紀末のイギリスで、夢見がちな労働者階級の少女が、ロマンス小説を書いてヒットさせて、セレブになる。名声と、豪華な屋敷と、素敵な王子様との結婚を手に入れて、幸せの絶頂を味わうが、長くは続かず、だんだん転落していく。

パープリンで軽薄だけど、このヒロインは嫌いじゃない。普通の人間は頭よさそうに見えるように取り繕って、結局アラがはみ出てしまう。でもエンジェルは天然なのかどうか知らないけど、軽薄なロマンス作家を押し通す。
戦争になると思い出したように「男らしく」戦場に行ったくせに、妻から無心した金を不倫相手に貢いで捨てられた、絵描きの夫よりは、はるかに芸術家らしい。

監督のフランソワ・オゾンは、女に対して皮肉っぽいけど、愛もあるな。

「ここに幸あり」
フランスの総理大臣が、失言で辞職に追い込まれ、今までのゴージャスな生活から一転して、カバン一つとスーツ一着だけの着の身着のままで、生まれ故郷のアパートに戻ってくる。地位も名誉も愛人も失ったのに、このおじさんはちっとも不幸に見えない。おじさんには幼友達や、家族や、新しく作った愛人たちがいるからだ。

 でもアメリカみたいなあからさまな家族礼賛でも、日本みたいなぬるい郷土愛を描いているわけではない。おじさんの離婚した奥さんは、別にやさしくしないし、おじさんのお母さんや妹とは、時々会うだけだ。おじさんの子供の頃住んでいたアパートは、不法移民の住みかになっている。幼友達は煮ても焼いても食えないジジイぞろい。それでもおじさんは、友達と飲み合い、隣のアパートの女性の窓に花を投げ入れる。

あからさまな家族礼賛も、ぬるい郷土愛も、結局は、ダメなオレをどこまで受け入れてくれる絶対的なものでしかない。
でもこの映画には、絶対的なものがない。地位も、愛も、郷土愛も、友情も。おじさんは自分の家が、肌の黒い不法移民に占拠されていても、ビビらないで、愛人の家に泊まる。
おじさんが幸せなのは、絶対的なものを欲しないからだろう。

こういう幸せが欲しいな。

監督がアリとキリギリスの話になぞらえて、こう言っている。
「私は分け与えないで富を独り占めするアリよりは、夏に歌を歌って冬に飢え死にするセミ(キリギリスはヨーロッパではセミに変えられている)が好きです。ガムシャラに働くだけのアリのような生活なんてまっぴらです。」

「エンジェル」の主人公エンジェルも、人生の夏に浮かれまくった挙句に、冬に枯れるように死んだけど、幸せな人生だと思う。

コメント&トラックバック&RSS大歓迎!

よかったら、こちらをぽちっと。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
テーマ:ヨーロッパ映画
ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。